トリートメントの種類と活用

綺麗な髪を維持するためには定期的なトリートメントが欠かせません。1〜2ヶ月に1回は美容室に足を運び、トリートメントを行っている女性もいます。そんなトリートメントには種類があるのをご存知ですか。こちらでは、トリートメントの種類についてご紹介します。

トリートメントの種類について

トリートメント

トリートメントは大きく分けて、洗い流すタイプと洗い流さないタイプの2種類があります。

» 洗い流すタイプ(インバストリートメント)

洗い流すタイプのトリートメントは、髪内部のダメージ補修を重視しています。シャンプーを済ませた後、毛先を中心につけ、じっくり内部まで栄養を浸透させた後に流します。コンディショナーとトリートメントをする場合は、トリートメントを先にするのが正しい方法です。コンディショナーやリンスを先に使用すると、髪がコーティングされた状態になるため、栄養が内部まで浸透しにくくなります。

» 洗い流さないタイプ(アウトバストリートメント)

洗い流さないタイプのトリートメントは、コーティングによる髪の保護を重視しています。ブローやセット前につけ、髪を熱や摩擦から保護します。オイルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプ、ウォータータイプなどがあり、全体に馴染ませながらつけていきましょう。

トリートメントは目的に合わせて活用しよう

トリートメント ふくらみを抑えたい、ボリュームを出したい、枝毛、切れ毛など人それぞれ髪の悩みは違います。だからこそ、自分の髪質や悩みに合わせたトリートメントを選ぶ事が、悩み解消への第一歩となります。例えば、乾燥やぱさつきが気になる方は、洗い流すタイプと洗い流さないタイプ、2つの併用がおすすめです。アミノ酸やケラチン、セラミドといった成分が含まれているものを使ってみてください。

一方、髪の量が気になるという方は、クリームタイプの洗い流さないトリートメントがいいでしょう。そして、髪のボリュームを抑えるためには、水分を少した残した状態でブローする事がコツになります。

このように髪質や悩みに合わせた使い分けが大切ですが、自分に最適なトリートメントの見極めは意外と難しく、合っているか分からないという方も少なくはありません。自分に合うトリートメントでお悩みなら、一度美容師に相談してみてはいかがですか。

大阪市西淀川区にあるLOCALはカットやカラー、パーマ、ヘッドスパといった施術だけではなく、カウンセリングを大切している美容室です。ホームケアの方法やお客様の髪質に合ったヘアケア用品のアドバイスなども行っていますので、お気軽にご相談ください。個室完備のためリラックスしてくつろげます。また、ヘアセットなどもしていますので、結婚式や二次会に向けて美容室をお探しの方もお待ちしております。