市販と美容院のシャンプーの違い、教えます

シャンプー

清潔な頭皮を保つために欠かせないシャンプー。こちらでは市販と美容室シャンプーの違いを紹介します。それぞれの特徴を知り自分に合うシャンプーを選びましょう。

市販と美容室のシャンプーは何が違うのか?

シャンプー

» 洗浄成分の違い

市販と美容室のシャンプーではそもそもの目的が違うため、洗浄成分が異なります。一般的に市販のシャンプーは、高級アルコール系と呼ばれる洗浄成分が含まれているタイプが多くなります。高級アルコール系のシャンプーは石油由来の洗浄成分が多く、「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸カリウム」といった界面活性剤が含まれます。石油が原料で洗浄力が高いため、皮脂を綺麗に洗い流せるのが特徴です。しかし、落とす力が強すぎるからこそ、頭皮や髪に必要な油分まで洗い流してしまう恐れがあります。

一方、美容室のシャンプーはアミノ酸系洗浄成分が含まれている製品が多いです。人間の髪や肌はアミノ酸で構成されるため髪や肌に優しく、安全性が高いという特徴があります。若干価格は高くなりますが、頭皮や髪への負担を考えるのであればアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。選ぶ際には「〜グルタミン酸〜」「〜グリシン〜」といった成分が表示されていますので、参考にしてみてください。

» シリコンの違い

最近ではノンシリコンと呼ばれるシャンプーも多くありますが、市販ではまだまだシリコンが含まれているシャンプーが出回っています。シリコンは髪周辺に膜を作り、艶を出してくれるのが特徴です。しかし、シリコン自体が鉱物性のオイルのため、髪から頭皮に流れて、毛穴を詰まらせる可能性があります。その結果、抜け毛に繋がります。

また、長期間シリコンが含まれているシャンプーを使い続けると、パーマやカラーの持ちを妨げます。シリコンが悪いというわけではありませんが、なるべくならシリコンを考慮した美容室シャンプーが望ましいです。

その他にもパラベンなど気をつけたい成分はいくつかあり、自分に合ったシャンプーを探すなら、一度美容師に相談してみましょう。大阪市西淀川区にあるLOCALではカウンセリングや施術から、お客様の髪に適したヘアケア用品のアドバイスまで、頭皮と髪の健康維持を考えたサロンワークを行っています。JR塚本駅周辺で美容室をお探しなら、是非LOCALをご利用ください。リラックスして過ごせるよう個室を完備しており、カットやカラー、ヘッドスパトリートメントなど様々なメニューをご用意しています。